TEL

交通事故のよくある質問 | ひろまる整骨院・ひろまる鍼灸治療院 | 印西市・大森・木下駅

交通事故のよくある質問

Q1、交通事故に遭ったらまず何をすればいいの? A1、まず警察に連絡しましょう!あなたが被害者の場合は怪我の状態を把握して、警察に連絡しましょう。自分でかけられない場合には、相手にかけてもらいましょう。警察に連絡せず、その場で示談することはやめましょう。
Q2、自分でできることは何かありますか? A2、現場の記録を取りましょう!相手の名前、住所、電話番号、車のナンバー、強制保険の有無、相手の保険会社名や携帯のカメラを使って事故現場、車の破損部位、負傷部位などを写真に残しておくと後で証拠となります。その他に、目撃者がいれば警察が来るまで残ってもらい、証言してもらいましょう。
Q3、自分の加入している保険会社に連絡した方がいいのか? A3、すぐに連絡してください!相手の示談交渉もスムーズに行えますので、早めに連絡を入れておいた方が良いです。
Q4、特に痛いところがなくても病院に行った方がいいの? Q4、痛いところがなくてもまず病院へ行ってください!事故直後は体もびっくりしている状態で、痛みを感じないことが多いです。病院でレントゲンなどの検査や医師の診察を受けて診断書をもらってきてください。人身事故で治療を行う場合は、後日警察に提出することになります。
Q5、治療はどこに行けばいいの? A5、病院と整骨院の併用をおススメします!病院には月に1,2度医師の診察を受けてもらい、治療は整骨院で受けるのが良いと思います。
Q6、他の病院、整骨院からの転院は出来るの? できます。病院の電気治療、首や腰の牽引だけではむちうちや腰痛の症状を改善させるのは難しいです。整骨院で筋肉や関節を緩めた方が治りも早く、後遺症などが残りにくくなります。
Q7、弁護士を入れた方がいいの? A7、自分の加入している保険に弁護士特約が付いているか確認してください!ケースバイケースですが弁護士を使った方が、慰謝料が多く算定されたり、保険会社とのやり取りを代わりにしてくれたり、示談のアドバイスをしてくれたりとメリットがあります。しかし、使うと損をする場合もあるので1度相談してみると良いです。当院でも提携している弁護士事務所を紹介します。
Q8、治療を示談した後にまた治療を受けることは出来るの? A8、できません。その場合は自費になります。1度示談してしまうと自賠責保険では治療を受けることができません。なので、安易に示談してしまうと自費で治療をしないといけません。
Q9、治療はいつまで続けられるの? A9、医師が症状固定と認めるまでです!「症状固定」とは、これ以上治療を続けてもケガの状態が良くならない状態をいいます。もし、医師に症状固定と言われたら、診断障害後遺書を書いてもらいましょう。これを保険会社に提出して後遺障害の等級認定を受けることにより、後遺障害慰謝料や逸失利益の支払いを請求することができます。
Q10、何時までやっていますか? A10、平日は夜8時まで診療しています。夜8時までに間に合わない場合はお電話いただければ対応します。祝祭日は予約制になりますので、事前の予約をお願いします。
Q11、毎日行っても大丈夫ですか? A11、大丈夫です。当院では毎日通院されている方もいます。事故直後はなるべく続けて通院することをおススメします。